プレゼン力を活かせる仕事6選 – 就活や転職のためのプレゼンスキル

ビジネスの視点準備を始める前に
- PR -

人前で格好よく話したり、論理的に伝えたり、情報を的確に示したり…

そういうのが得意な人ってすごいですよね。

そうですね、もしそういったことが得意なら、ぜひ仕事に活かしたいですよね。

プレゼンが得意、上手くいった経験がある…
せっかくならば、自分の得意なこと興味のあることを仕事に活かしたいと思いますよね。

自分が嫌だと思わずにできることは継続できますし、その結果、人よりもさらに上手くできるようになると思います。

例えば、学生の時にプレゼンの成功体験があったり、人から上手いと言われていたなら。
就職活動の時にプレゼンをする機会の多い職種を選ぶことが、能力を活かすことに繋がるかもしれません。

もしくは現在の仕事で「自分の説明は分かりやすい」と自信のある方も、きっとプレゼンなどの情報伝達に向いている能力を持っているのではないかと思います。
転職昇格試験をする際にも、プレゼン力を活かすことができるでしょう。

プレゼンと一言で言っても、パワーポイントのスライドを使って人前で話すことだけが「プレゼンテーション」ではありません。
小さな会議でも、雑談でも、人に情報を伝えるプロセス全てをプレゼンという事ができますし、そこで必要とされるスキルは共通しています。

この記事では、人に情報を伝えるスキルを活かすことができる仕事、そしてさらにスキルアップに繋がる仕事を紹介します!

なお、本サイトではその他にもプレゼンのスキルアップに役立つ情報を掲載していますので、ぜひこちらの記事もご覧ください。

\まずは無料で情報収集!/ PR

- PR -

プレゼンが多い職種

営業職

外部の顧客やパートナーに対して、商品やサービス等の販売、契約、サポート提供などを行う職種。

当然、商品やサービスの説明を行う必要がありますし、また会社や担当部門の説明等も頻繁に行うことになります。

プレゼンの印象、説得力、内容、そして行うタイミングなど、様々な要因が売上獲得につながるため、プレゼンのスキルは非常に重要です。
建設や物流など、業種によってはコンペ形式でクライアントに対するプレゼンを行う機会もあり、一回のプレゼンが大規模な契約の有無を決めることもあります。

反面、一つの失敗が大きな損失にもつながるため、プレッシャーが大きいことも。

なお、営業職と言っても業界によって給与の水準は様々。会社全体の利益率が高い業界は営業の給与レベルも高い傾向がありますが、一方でそれだけ競争が激しいため、プレゼンをはじめとした営業力、提案力そのものが勝ち残るための鍵になると思います。

またコロナによりオンラインでの営業活動が一般的になったことで、会社の中での営業の位置づけが大きく変わってきている場合もあります。

例えば、「これまで病院に張り付いていた製薬企業のMRが、対面で面会をする必要が無くなったものの、会社の業績に大きく影響を及ぼさないことが分かった…」などです。
その結果、希望退職や採用抑制など、MRの人数自体が減少傾向にあります。
活動スタイルも、これまでの面会頻度を競う活動ではなく、有益な情報限られた時間で提供できるMRが必要とされるようになってきています。

「有益な情報を限られた時間で提供できる」というのは、プレゼンの本質そのものです。

MRに限らず、全ての業界の営業活動で、今後ますますこうしたスキルが求められるのではないでしょうか。

企画職

一般的な企業で、本社などに所属することの多い企画職。いわゆる営業マン以外のビジネスマンと聞いて思い浮かべるのがこの職種です。

  • マーケティング
  • 管理業務
  • 経営戦略
  • 事業開発
  • 人事
  • 調達 など…

プレゼンの機会としては、社内での情報共有、企画内容等の承認取得(役員会議など)、外部パートナ業者への会社紹介や一般向け説明会など、多岐に渡ります

戦略を考え、それを実行するという役割である以上、組織を動かすための情報伝達は欠かせず、そのスキルは非常に重要になると言えます。

企業風土にもよりますが、大企業になるほど社内での情報共有や承認取得などでプレゼンの機会が増える傾向があると思います。

研究職

研究所で黙々と研究開発を行うイメージの研究職も、プレゼンの機会は多いです。

大学などの研究機関でも、一般企業の研究開発でも、多くの場合研究はチームで行います。

全体の方針(研究室や企業のビジネス)に沿って細分化された部署やチームが存在し、その中で共通の目的を達成するためには、情報共有は欠かせません。

例えば、定期的な研究開発の進捗報告、他社や最新技術の分析、特定の分野に関する勉強会学会での研究発表、もちろん投資が必要な場合はその承認申請などもあります。時には、営業のサポートとして技術的な説明を顧客に対し行うこともあるでしょう。

目的に応じてプレゼンのスタイルも変わります。

例えば、ビジネス目的の戦略を示すプレゼンの場合は、主張に対する説得力が重要になります。はっきりとしたメッセージ提案と、それを裏付けるデータソースなどの客観性が求められます。発表の際も、不確実なビジネス環境の中で妥当性を訴える力が重要になるでしょう。

一方、純粋な研究発表などの科学的な議論の場合は、全て事実であるという前提のもとで話が進むため、実験や分析で得られた内容に基づく論理展開に主眼が置かれる傾向があります。

企業の研究職の場合は、いずれの視点も重要です。
多様なプレゼンのスキルを活かすことができる職種という事ができるでしょう。

エンジニア

一般的にエンジニアと一言で言っても、そのソフトウェアを開発するシステムエンジニア(SE)から、製造業などでハードウェアを開発する生産技術エンジニアなど様々です。

いずれも、仕事のプロセスとしては研究開発と似ています。

チームで全体の方針に沿って開発を進め、情報を正しく伝え予算確保投資承認などのビジネス面での説明が必要な場合もあるでしょう。

従ってエンジニアも、専門性をもちながらも広い視野でチームとしてビジネスを進めることができるプレゼン能力が求められます。

コンサルタント

高い給与のイメージがあるコンサルタント(コンサル)。
企業を顧客とし、企業買収や事業提案などをはじめ、新サービス/新商品、組織体系、システム設計など、経営戦略に直結する様々な問題解決策を提案する仕事です。

こうした支援業務を行う企業をコンサルティングファームと呼びます。
経営全般を取り扱う大手コンサルティングファームから、特定の業界や特定の活動(M&A、資金繰りなど…)に特化したコンサルまで、その種類は多岐に渡ります。

コンサルが企業に提供する価値は、その企業が自分ではできないような戦略を提案すること。そして顧客企業は、その結果として莫大な利益を生むことを期待します。

すなわち、企業の想像を上回るレベルの提案が必要とされます。その提案は、コンサルティングファームが持つ情報やシステムと、コンサルタントの分析によって生み出されます。

ビジネスに関するあらゆる情報そのものに大きな価値を求められる以上、コンサルには当然ながら高いプレゼン能力ビジネススキルが必要です。

ハードルが高い職種ですが、自信のある方なら最大限能力を活かし、武器とすることができるでしょう。
周囲のレベルも高いので、スキルアップの機会にもなるはずです。

起業・社長

起業をする場合、最初はあらゆる業務を少人数で行うことになります。

出資を募るビジネス内容を説明する、決算報告をする、商品やサービスを売り込むなど、顧客やパートナーの協力を得てビジネスを進めていく必要があります。

当然プレゼンスキルは非常に大切。

この人になら、このビジネスにならお金を出す価値がある」と思わせなくてはいけません。

エレベーターピッチ、という言葉をご存じでしょうか。

エレベーターに乗っている間のような30秒ほどの短い時間自分のビジネスやスキルの特徴や利点などを伝えきる、簡単な説明のことです。

その起源は諸説あるようです。シリコンバレーの起業家たちの間で投資家に支援を募るための方法としてよく使われる言葉で、近年日本でもビジネススキルの一つとして定着してきました。

30秒で要点を網羅するのは、簡単ではありません。話術の勝負です。

投資家に価値があると思わせるには、言うべきことを理解し、整理し、そして相手の意識に働きかけるアクションなどを網羅する必要があります。

エレベーターピッチとまではいかなくとも、起業した際にどのように資金を集めるか、どのようにサービスや商品を広めるかというのは、成功するための重要な要素となります。
まさにプレゼンスキルがそのまま業績に影響を与えると言えます。

例えばネットでの起業や副業だったとしても、それは同じ。
むしろ情報量が多いからこそ、文章や絵、写真などで自身の強みやメリットを適切に示す能力(これもプレゼンスキル)が成否を分けることになると思います。

もっと上達するために

身につけたスキルは、自分の資産になります。所属している会社や職種が変わっても、そのスキルは一生もの。
必ずあなたがステップアップするための助けになってくれるはずです!

プレゼンの準備練習発表質疑応答のテクニック英語プレゼンのコツまで、さらに得意を伸ばすための方法を下記の記事で紹介していますので、ぜひご覧ください。

おすすめ記事はこちら
レイアウトのパズル - 6つの基本パーツ配置で洗練されたパワポスライドに
プレゼンスライドの洗練されたデザインレイアウトは、パズル感覚でパーツをはめていくだけで、誰でも簡単に作れます。最初から順に試すだけで簡単に再現できるように構成されているので、ぜひ読みながら試してみてください。
人を動かすプレゼン構成3つの輪 - ゴールデンサークル理論 Whyから始めよ
プレゼンで人を動かすには、人間の行動原理に沿った提案の仕方が必要です。ゴールデンサークルのような相手の感情に直接働きかける方法を活用すれば、プレゼンの相手から面白いほど“Yes”がもらえるようになるかもしれません。
質疑応答のコツ – 4回までならセーフ!学会での怖い質問も乗り切れる
学会発表などで緊張が走る「質疑応答」のシチュエーションを乗り切るための初心者向けテクニックを丁寧に紹介。マニュアル通りに質問をパターン分けして順に質問内容を確認するだけで、どんなシチュエーションも乗り切れます!
プレゼンが上手い人の話し方、練習方法4ステップ - もう失敗しない、忘れない
プレゼン中に頭が真っ白になってセリフを忘れる…そんな失敗とはおさらば。やればやるほど楽になる、「プレゼンが上手い人」になれる練習方法を紹介。これまでとは違う感覚でスラスラと話せるようになることに驚くはずです。
あがり症のプレゼン - 緊張で失敗しても全然OK!5つのメンタル応急処置
プレゼンや人前での発表は誰でも緊張するもの。でも考え方を少し変えてやコツをつかむだけで、驚くほど前向きになり、上手くいくようになると思います。 この記事では、そんなどうしても緊張してしまうプレゼンをなんとか乗り切る方法をお伝えします。
【プレゼンは必要ない】意味がない場合、すべきでない場合を見極める方法
プレゼンをしたのに嫌な顔をされる…それならやらなくてもいいのでは?プレゼンが必要な場合と不要な場合の判断方法、状況に応じた最も効果的なプレゼンにするための方法を紹介。プレゼンを避けたり、効率的なプレゼンができるようになります。

シチュエーションテクニックごとに探すこともできますので、ぜひ今のあなたにぴったりの記事を探してみてください!

もっと探すなら
準備を始める前に
プレゼン資料を作り始める前に、やるべき事があります。しっかり事前にポイントを押さえておけば、スライド作成も本番の発表もぐっと楽になる…そんなテクニックや事例をご紹介します。
スライド資料をつくる
英語に翻訳したとき、日本語と併記したとき、レイアウトのテクニック、文字情報を整理する…伝わりやすい資料を作るための、他にはないオリジナルの方法をご紹介します。
発表のとき
プレゼン本番を乗り切る、もしもの時にも失敗せず対応できる方法や、あらかじめ資料に仕込んでおくことができるテクニックなど、逃げたくなる緊張を和らげるノウハウをご紹介します。
英語を使う
英語が苦手でも、伝える方法や心構えひとつで随分と楽になり、ストレスが減ります。 私の経験を交えながら、プレゼンや説明、通訳などの際に役に立つテクニックや考え方などをご紹介します。
デザインのコツ
スライド資料が格好悪い、見づらい、でもどうすればいいかわらかない…。スライドデザインにセンスは不要、シンプルな方法を適切に行うだけで、見違えるように綺麗になります!読みながら試してみてください。
メンタルを整える
プレゼンや英語の説明などが嫌でたまらない、緊張して息が続かない、逃げたい…そんな気持ちを和らげるテクニックがあります。事前に準備するだけで安心できたり楽になる方法を、実体験をもとにご紹介。
ビジネスの視点
販売、説明、承認、出資…ビジネスで求められるプレゼンも様々。適切な説明をするためには、ビジネスの視点と考え方が不可欠です。 人を動かす方法や論理展開のコツなど、プレゼン以外の場面でも役に立つテクニックを紹介します。

就職、昇進昇格、転職、起業、それぞれに様々な選択肢があります。

少しでも自分が得意な能力を活かすことができる仕事に就くことで、より良い条件で、楽しく仕事ができるようになると思います。

もっとこうなりたい」という姿に向かって一歩を踏み出す手助けができれば嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました