Google スライドでプロ級のプレゼンを作る極意!初心者から上級者まで役立つTips満載

presentation
未分類
- PR -

仕事やプレゼンテーションの場面で重宝されるツールの一つに、Google スライドがあります。Google スライドは無料で使えるクラウドベースのプレゼンテーションアプリで、PowerPointなどと比べていくつかの特徴があります。今回のブログでは、Google スライドの概要や特徴、基本的な使い方、プレゼンテーションの方法などについて詳しく解説していきます。

- PR -

1. Google スライドとは

presentation

Google スライドは、Google ドライブ上でプレゼンテーション用のスライドショーを作成することができるツールです。Google アカウントを持っていれば誰でも無料で利用できます。

Google スライドの特徴

以下はGoogle スライドの特徴です。:

  • 無料で利用可能:Google アカウントがあれば誰でも利用できます。
  • オンラインでの作業:Webブラウザ上でスライドショーを作成・編集できます。
  • 同時編集が可能:複数人で同時にスライドを編集することができます。
  • コメント機能:コメントをつけることで他のユーザーとのコミュニケーションが可能です。
  • 豊富なテンプレート:デザインのテンプレートが多数用意されているため、簡単にプレゼンテーションを作成することができます。

Google スライドはシンプルで使いやすいユーザーインターフェースが特徴です。また、他の Google アプリケーションとの連携もスムーズであり、クラウド上での保存やアクセスも便利です。次のセクションでは、PowerPointとの違いについて詳しく説明していきます。

2. PowerPointとの相違点

presentation

GoogleスライドとPowerPointには以下のような相違点があります:

2.1 同時編集が可能

  • Googleスライドでは、複数のユーザーが同時にプレゼンテーションを編集できます。
  • 一方、PowerPointでは他のユーザーが同時にアクセスして編集することはできません。

2.2 Googleアプリケーションとの連携性

  • Googleスライドは、他のGoogleアプリケーションとの連携性が高いです。
  • 例えば、GoogleドキュメントやGoogleスプレッドシートから直接スライドを作成できます。

2.3 ウェブ上のフリー画像が簡単に利用可能

  • Googleスライドでは、ウェブ上で利用できるフリー画像を検索し、ドラッグ&ドロップで挿入できます。
  • 一方、PowerPointでは、別のウェブサイトから画像をダウンロードして挿入する必要があります。

2.4 シンプルなツールバー

  • Googleスライドのツールバーはシンプルで、必要な機能のみが表示されます。
  • これに対し、PowerPointは機能が豊富であり、必要な機能を見つけるのに時間がかかることがあります。

2.5 クラウド上の保存

  • Googleスライドはクラウド上のGoogleドライブに保存されるため、Googleアカウントにログインすればいつでもどこでもファイルを開くことができます。
  • しかし、PowerPointはPCに保存されるため、ファイルを持ち歩く必要があります。

PowerPointは機能が豊富で自由な表現が可能ですが、使いたい機能が見つけにくいこともあります。一方、Googleスライドは機能を絞り込んでシンプルでわかりやすく設計されています。プレゼンテーション資料の作成の目的や要件に応じて、どちらを選ぶかは検討する必要があります。

3. Google スライドの基本操作

presentation

Google スライドを使うための基本的な操作方法を紹介します。

新規スライドの作成

Google ドライブから新規スライドを作成します。手順は以下の通りです。

  1. 「新規」をクリックします。
  2. 「Google スライド」を選択します。
  3. 「空白のプレゼンテーション」を選択します。
  4. 無題のプレゼンテーションが開きます。

プレゼンテーションのタイトル設定

プレゼンテーションのタイトル(ファイル名)を設定します。タイトルの設定方法は以下の通りです。

  1. 赤枠内をクリックします。
  2. タイトルを入力します。

テキストや図形の挿入

テキストや図形の挿入方法は以下の通りです。

  1. 画面上部のツールバーの「挿入」タブをクリックします。
  2. 挿入メニューが表示されます。
  3. テキストボックスや画像、図形、線などの挿入アイコンをクリックします。
  4. スライド上に追加します。

レイアウトの選択

11種類のレイアウトから選択することができます。レイアウトの選択方法は以下の通りです。

  1. ツールバーの「レイアウト」をクリックします。
  2. レイアウトの一覧が表示されます。
  3. 好きなレイアウトを選択します。

テーマの選択

20種類以上のテーマからプレゼンテーションのデザインを選ぶことができます。テーマの選択方法は以下の通りです。

  1. ツールバーの「テーマ」をクリックします。
  2. 画面右にテーマの一覧が表示されます。
  3. 好きなデザインのテーマを選択します。

以上が、Google スライドの基本操作です。これらの操作をマスターすることで、スライド作成がスムーズに行えるでしょう。

4. プレゼンテーションの仕方

presentation

プレゼンテーションを行う際の基本的な方法や便利な操作方法を紹介します。

プレゼンテーションの基本的な方法

まず、Googleスライドで完成した資料を開き、画面右上の「スライドショー」ボタンをクリックするだけで簡単にプレゼンテーションを始めることができます。プレゼンテーションを終了させたい場合は、キーボードの「Esc」キーを押すだけで終了できます。

プレゼンテーション中には、以下のような操作も可能です:
– リストからスライドを選択する
– 「プレゼンター表示」を開いて操作する
– レーザーポインタを使ってポイントを示す
– プレゼンテーションを印刷する
– プレゼンテーションをPDFまたはPPTX形式でダウンロードする

また、「プレゼンター表示」の「ユーザーツール」機能では、参加者からの質問を募ることもできます。質問を受け付けるためには、質問のURLをプレゼンテーションの参加者と共有するだけで簡単に設定できます。

さらに、Googleスライドではプレゼンテーションの録画も可能です。録画アイコンをクリックすると録画が開始され、終了すると録画ファイルが保存されます。この機能を活用すれば、資料の内容を録画してメモとして残すこともできます。

Google Meetとの連携して簡単にプレゼンする方法

Google Meetを活用することで、ビデオ会議中にスムーズにプレゼンテーションを行うことができます。具体的な手順は以下の通りです:

  1. Google Meetのビデオ会議中に、画面下の「画面を共有」をクリックし、「Chromeタブ」を選択します。
  2. 共有したいスライドをMeetの参加者に選択し、「共有」をクリックします。

これにより、Googleスライドの画面がビデオ会議の参加者と共有されます。この方法を使えば、リモート会議でも簡単かつ効果的なプレゼンテーションができます。

以上が、プレゼンテーションの基本的な方法とGoogle Meetとの連携方法の紹介です。Googleスライドの機能を上手に活用して、効果的なプレゼンテーションを行いましょう。

5. 便利な活用法

presentation

Googleスライドをより便利に活用するための6つの方法を紹介します。

スライドを共有する

  • 共有ボタンをクリックして、共有範囲を指定します。
  • 共有方法は2種類あります:
    • 「任意の人にアクセスを許可する方法」:Gmailアドレスを追加して共有します。
    • 「URLを知っている人全員がアクセスできる方法」:共有用リンクを設定します。

スライド編集画面でGoogle検索を行う

  • 編集画面のツールメニューからデータ探索を選択します。
  • 画面右側に表示される検索窓にキーワードを入力します。
  • 検索結果が表示されます。

パワーポイントのデータをGoogleスライドで開く

  • Googleスライドのホーム画面を開きます。
  • 最近使用したプレゼンテーションの右のファイルマークをクリックします。
  • アップロードタブを開いて、パワーポイントのファイルをアップロードします。

※ 注意:Googleスライドに対応していないフォントや図形は自動的に変換されます。

スライドをダウンロードする

  • 編集画面上部のツールバーにあるファイルをクリックします。
  • ダウンロードからファイル形式を選択して、ダウンロードします。
  • 選択できるファイル形式は以下の7つです:
    • Microsoft PowerPoint(.pptx)
    • ODPドキュメント(.odp)
    • PDFドキュメント(.pdf)
    • 書式なしテキスト(.txt)
    • JPEG画像(.jpg、現在のスライドの画像)
    • PNG画像(.png、現在のスライドの画像)
    • Scalable Vector Graphics(.svg、現在のスライドの画像)

スライドをメールで送信する

  • 編集画面上部のツールバーにあるファイルをクリックします。
  • メールに添付して送信をクリックします。
  • メール入力画面で送信先のアドレス、件名、メッセージ、ファイル形式を設定し、送信をクリックします。

スマートフォンでGoogleスライドを利用する

  • Googleスライドのアプリをスマートフォンにインストールします。
  • iPhone・iPad・Android端末で利用できます。
  • スマートフォンやタブレットでのプレゼンテーション確認や編集に活用できます。

以上がGoogleスライドの便利な活用法です。これらの方法を使いこなして、スライド作成やプレゼンテーションを効率的に行いましょう。

まとめ

Google スライドは、無料で利用でき、オンラインで複数人で同時編集できるなど、パワーポイントと比べてさまざまな便利な機能を備えています。基本的な操作方法やプレゼンテーションの仕方、さらに共有やダウンロード、検索など、さまざまな活用法を学んでいただきました。Google スライドを上手に活用することで、より効果的で魅力的なプレゼンテーションを行うことができるでしょう。ぜひ、この記事で紹介した機能を試してみてください。

タイトルとURLをコピーしました