パワーポイントで作る魅力的な企画書!プレゼン効果抜群のポイントを大公開

presentation
未分類
- PR -

パワーポイントで企画書を作成する方法について詳しく解説されたブログ記事が公開されています。企画書作成のメリットから基本的な構成、提案の伝わる企画書のポイント、テンプレートの活用方法までが分かりやすく説明されています。企画書作成に役立つ情報が盛りだくさんなので、ぜひご覧ください。

- PR -

1. パワーポイントで企画書を作成するメリット

presentation

パワーポイントは、デザインの自由度や高い汎用性から多くの企業で資料作成に利用されています。とくに、提案書は視覚的に分かりやすくすると内容が伝わりやすくなるので、パワーポイントで作成している企業が多いです。

パワーポイントで企画書を作成するメリットは以下の通りです。

  1. プレゼンテーションに適したフォーマット:パワーポイントはスライド形式で情報を提示するため、プレゼンテーションに適しています。画像やグラフ、表などの豊富な機能を活用することで、分かりやすく魅力的な資料を作成することができます。

  2. 自由なデザイン性:パワーポイントはテキストやイラスト、図表などの要素を自由に配置することができます。デザインの自由度が高いため、企画書にわかりやすいデザインを取り入れることができます。

  3. カスタマイズ性の高さ:パワーポイントはテンプレートやテーマを使って簡単にデザインをカスタマイズすることができます。自社のブランディングに合わせた企画書を作成することができます。

  4. 編集・共有の容易さ:パワーポイントは編集が容易であり、複数人での共同編集も可能です。ファイルの共有やバージョン管理もしやすく、チームでの作業効率を向上させることができます。

  5. 汎用性:パワーポイントは広く利用されているため、相手方がパワーポイントを利用している場合には、資料の共有やプレゼンテーションがスムーズに行えます。

以上のメリットから、パワーポイントは企画書作成において非常に有用なツールと言えます。効果的なプレゼンテーションを行いたい場合には、パワーポイントを活用して企画書を作成することをおすすめします。

2. パワーポイント企画書の基本構成

presentation

パワーポイントで作成する企画書にも基本的な構成があります。以下にその構成をご紹介します。

企画書の構成例

企画書は、企画内容を相手に分かりやすく伝えるための重要な資料です。そのため、以下のような基本的な構成を持つことが多いです。

  1. 表紙
    企画書の冒頭には表紙を配置しましょう。表紙には提案のテーマや企業名などの基本情報を記載します。

  2. 目次
    企画書の全体像を示すために、目次を作成しましょう。目次には各セクションのタイトルやページ数を記載します。

  3. 背景・目的
    企画書の中で、企画の背景や目的を説明しましょう。なぜその企画が必要であり、どのような目的を達成したいのかを明確に伝えることが重要です。

  4. 問題の整理
    企画書では、現在の問題点を整理・分析しましょう。問題点を明確にし、読み手に共感を呼び起こすことで、提案の重要性をアピールすることができます。

  5. 提案内容
    企画書のメインとなる部分であり、解決方法や具体的な提案内容を提示します。どのような取り組みを行い、問題を解決するのかを具体的に説明しましょう。

  6. 予算・リソース
    提案の実施に必要な予算や必要なリソースについて説明します。具体的な費用や必要な人員、設備などを明示することで、提案の実現性を示すことができます。

  7. スケジュール
    企画の実施スケジュールを示しましょう。具体的な期間やマイルストーンを設定し、実施計画を明確にすることが重要です。

  8. まとめ
    企画書の最後にはまとめの部分を設けましょう。提案のポイントや重要なメッセージを再度強調し、読み手にアピールします。

このような基本的な構成を持つ企画書を作成することで、読み手に提案の内容が分かりやすく伝わりやすくなります。さらに、デザインや視覚的な要素も工夫することで、企画書の魅力を高めることができます。

3. 提案の伝わる企画書のポイント

planning

企画書は、相手に提案内容を理解してもらうために非常に重要な資料です。ただし、内容が優れているだけでは十分ではありません。相手に説得力のある企画書を作成するためには、以下のポイントに注意する必要があります。

3.1 6W2Hを明確にする

企画書の具体性が重要です。具体性を高めるためには、6W2H(Why、What、Where、When、Who、Whom、How to、How much)と呼ばれる要素を明確にする必要があります。

  • Why(なぜ):なぜこの企画を実施するのか
  • What(何を):どんな趣旨の企画なのか
  • Where(どこに):想定する市場はどこなのか
  • When(いつ):どのタイミングで実施する企画なのか
  • Who(誰が):誰がその企画を行うのか
  • Whom(誰に対して):ターゲットは誰なのか
  • How to(どうやって):どんな方法なのか
  • How much(いくらで):いくらで実施できるのか

これらの要素を明確にし、企画書に反映させることで、読み手にわかりやすく伝わりやすい企画書を作成することができます。

3.2 メリットや成果を具体的に提示する

企画書では、提案の結果得られるメリットや効果、変化を具体的に示すことが重要です。抽象的な表現や曖昧な内容では相手に理解されません。したがって、会社にもたらすメリットを具体的に伝え、成功のビジョンを読み手に思い描かせることが必要です。

3.3 共感できる内容にする

企画書を採用につなげるためには、読み手が納得・共感できる内容にすることが重要です。優れた商品やサービスでも、共感が得られなければ企画が通りにくくなります。そのため、事例や具体的なデータを使いながら、現在の問題や課題を客観的に提示し、「なぜこの企画に取り組む必要があるのか」を明確にします。

3.4 行動経済学・行動心理学を活用する

企画書をより魅力的にするためには、行動経済学や行動心理学のテクニックを取り入れることがおすすめです。例えば、「おとり効果」と呼ばれる手法では、他の選択肢と比較して劣っているように見せることで、読み手に選択を促すことができます。また、「バンドワゴン効果」と呼ばれる手法では、多くの人が選んでいる選択肢を選びたくなる心理を利用して、評判の良さをアピールすることができます。行動経済学や行動心理学のテクニックを活用することで、企画書を魅力的にすることができます。

以上が、提案の伝わる企画書を作成するためのポイントです。これらのポイントに注意しながら、読み手にとって分かりやすく魅力的な企画書を作成しましょう。

4. テンプレートでスムーズに作成

presentation

企画書作成には、テンプレートを活用することが非常に効果的です。テンプレートを使うことで、手間をかけずにスタイリッシュでプロフェッショナルな企画書を作成することができます。

以下に、いくつかのテンプレートサイトを紹介しますので、ぜひ活用してみてください。

テンプレートサイト1: PPTips

PPTipsはパワーポイントの提案書テンプレートが豊富に揃っているサイトです。シンプルなデザインから高級感のあるものまで、様々なデザインを選ぶことができます。会員登録が必要ですが、無料で利用することができます。

テンプレートサイト2: 企画塾

企画塾は基本の企画書テンプレートをダウンロードできるサイトです。テンプレートだけでなく、企画書のアイデアの出し方や作成方法、構成についても動画で解説されています。ダウンロードにはアンケートへの回答が必要です。

テンプレートサイト3: Microsoft

Microsoftは無料で提供しているテンプレートサイトです。会員登録は不要で、すぐに利用することができます。提案書のテンプレートも多数用意されており、さまざまなスタイルの企画書を作成することができます。

テンプレートサイト4: Canva

Canvaは誰でも簡単にプロ品質のデザインでスライドを作成することができるツールです。プレゼンテーションモードでスライドを作成し、パワーポイントファイルとして出力・ダウンロードすることができます。有料プランでのみ利用可能なテンプレートもあるので注意が必要です。

これらのテンプレートサイトを活用することで、企画書作成がスムーズになります。自分のイメージに合うテンプレートを選び、カスタマイズしていくことで、より魅力的な企画書を作成することができます。ぜひ一度試してみてください!

5. 企画書作成のコツとテクニック

business

企画書を効果的に作成するためには、いくつかのコツやテクニックを活用することが重要です。以下に、企画書作成の際に役立つコツとテクニックを紹介します。

クリアな目的設定をする

企画書を作成する前に、明確な目的を設定することが大切です。何を伝えたいのか、どのような結果を得たいのかを明確にすることで、企画書の内容や構成もスムーズになります。

ターゲットを意識する

企画書は特定の読者層に向けて作成されるものです。そのため、ターゲットのニーズや関心事に合わせて情報を選定し、分かりやすく伝えることが重要です。

論理的な構成を考える

企画書は論理的な構成が求められます。情報を整理し、相互に関連する部分をつなげることで、読み手がスムーズに内容を理解できるようになります。具体的な目次や見出しを活用し、論理的なストーリーを作りましょう。

シンプルな言葉遣いを心掛ける

企画書は専門用語を含む場合もありますが、できるだけシンプルな言葉遣いを心掛けましょう。専門用語や難しい表現は避け、読み手がわかりやすい表現を使うことで、効果的に伝えることができます。

視覚的な要素を活用する

企画書には視覚的な要素を取り入れることが重要です。図やグラフ、写真などを使って情報を補完し、わかりやすく魅力的な資料にすることができます。ただし、適切な場所やバランスを考慮して配置することがポイントです。

レビューを重視する

企画書作成の際には、他の人にレビューしてもらうことも大切です。第三者の目から見た意見やアドバイスを取り入れることで、見落としていた部分や改善点を見つけることができます。積極的にフィードバックを求め、より良い企画書を作成しましょう。

これらのコツやテクニックを活用することで、効果的で魅力的な企画書を作成することができます。ぜひ実践してみてください。

まとめ

企画書作成においてパワーポイントは非常に有用なツールです。デザインの自由度や編集の容易さ、共有の機能など、多くのメリットがあります。また、基本的な構成や提案の伝わるポイント、テンプレートの活用、作成のコツなど、企画書作成の技術も学ぶことができました。これらのことを意識しながら、ターゲットに合わせた魅力的な企画書を作成することで、よりスムーズに提案を行うことができるでしょう。ぜひ、これらの知識を活かして、企画書作成の実践に役立ててください。

タイトルとURLをコピーしました