今こそ身につけたい!ビジネスで差をつける「ビジネスレベルの英語」とは?

business
未分類
- PR -

ビジネスの国際化が進む中、英語力は必須スキルの一つとなっています。特にビジネスレベルの英語は重要視されており、様々な場面で活用できることが求められます。この記事では、ビジネスレベルの英語とはどのようなものなのか、なぜ必要とされているのか、またどのようにしてビジネスレベルの英語を身につけることができるのかについて詳しく解説します。

- PR -

1. ビジネスレベルの英語とは

business

ビジネスレベルの英語とは、ビジネスの現場で円滑に業務を行うために必要な英語力のことです。ビジネスの会議やプレゼンテーションなど、実際のシチュエーションで使用される英語を指します。

ビジネス英語を使う多くの人が非ネイティブスピーカーであるため、わかりやすい単語を使ってシンプルに話すことが求められます。ビジネスの場で使用される表現が基本的であり、丁寧な言葉遣いも重要です。さらに、相手との良好な関係を築くためには、効果的な英語コミュニケーションが欠かせません。

ビジネスレベルの英語力を身につけるためには、以下のポイントに注意する必要があります。
– ビジネスに適した単語や表現を覚える。
– リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングの4つのスキルをバランスよく伸ばす。

ビジネスレベルの英語力を向上させるためには、ビジネス特化型のオンライン英会話やビジネス英語コーチングが有効です。ビジネス特化型のオンライン英会話では、実際のビジネスシーンで使われる表現やフレーズを学ぶことができます。また、ビジネス英語コーチングでは、専門の日本人コンサルタントが個別指導を行い、あなたのレベルに合わせた最適な学習プランを提供してくれます。

ビジネスレベルの英語力を身につけることは、就職や転職において大きなチャンスをもたらします。企業は英語の能力を重視しており、ビジネスレベルの英語力は求められるスキルの一つです。自信を持って仕事に取り組むためにも、ビジネスレベルの英語力を目指して学習に取り組んでみましょう。

2. ビジネスレベルの英語が必要な理由

business

ビジネスレベルの英語力が求められる理由は多岐にわたります。

グローバルなビジネスチャンスの増加

現代のグローバルな社会では、企業が外国の顧客や取引先と関わる機会が増えています。リモートワークの普及により、国境を越えたビジネスチャンスも増えました。そのため、英語ができることは非常に重要なスキルとなっています。ビジネスレベルの英語力を持っていることで、国際的なビジネスチャンスを逃すことなく、仕事を展開することができます。

正確な情報伝達の必要性

ビジネス上では正確な情報の伝達が求められます。翻訳ツールや翻訳機も進化していますが、完璧ではありません。翻訳ツールがうまく機能しなかった場合や意図が正確に伝わらなかった場合、ビジネスの機会を逃す可能性があります。ビジネスレベルの英語力を身につけることで、正確な情報の伝達が可能となり、円滑なビジネスコミュニケーションが行えるようになります。

就職や転職のアドバンテージ

英語を使えることは就職や転職においても大きなアドバンテージです。現代の企業は国際化の推進や海外展開を進めており、英語ができる人材を求めています。ビジネスレベルの英語力を持っていることで、多くの求人にアクセスすることができ、自身の市場価値を高めることができます。また、グローバルな職場での活躍の機会も広がります。

以上から、ビジネスレベルの英語力を身につけることは非常に重要です。詳しく知るために、次はビジネスレベルの英語力の基準について見ていきましょう。

3. ビジネスレベルの英語の基準

business

ビジネスレベルの英語力には明確な基準は存在しませんが、企業によって解釈が異なります。しかし、ヨーロッパで採用されているCEFR(Common European Framework of Reference for Languages)の基準が参考にされることがあります。

CEFRは、英語の熟練度を基礎(A1、A2)、自立(B1、B2)、熟練(C1、C2)の6つに分類し、英語能力を測る試験のスコアに基づいて評価します。ビジネスレベルの英語力では、CEFRのB1、B2、C1がケンブリッジ大学出版社によってビジネスレベル初級、中級、上級として設定されています。

また、実用英語技能検定(英検)やTOEICのスコアをCEFR基準に当てはめると、以下のような評価がされます。

  • CEFR基準C1: 上級 | 英検1級 | TOEIC 945点以上
  • CEFR基準B2: 中級 | 英検1級~準1級 | TOEIC 785点以上
  • CEFR基準B1: 初級 | 英検準1級~2級 | TOEIC 550点以上

ただし、ビジネスレベルの英語力の基準は企業によって異なるため、履歴書に記載できるレベルや外資系企業で求められる英語力を個別に調査する必要があります。

ビジネスレベルの英語力を評価する際には、以下の具体的な業務において英語を使用できるかが重要です。

  1. 会議やプレゼンテーションの能力
  2. 商談や交渉のスキル
  3. レポートや企画書の作成能力
  4. メールや電話応対の能力
  5. 接待などのコミュニケーション能力

ビジネスレベルの英語力を評価する際には、読み書き聞き取りの4つの技能をバランスよく使用できるかが重要なポイントです。さらに、仕事の具体的な目標や要件を明確かつ論理的に伝えることも求められます。

また、ビジネスレベルではコミュニケーションのトーン、明瞭さ、論理性も重要です。相手に応じた適切な表現ができるかどうか、相手が要件や目的を理解しやすいか、聞き手が納得できるかといった点にも注意が必要です。

ビジネスレベルの英語力を証明する際には、TOEICのスコアが参考にされることがあります。一般的には700点以上のTOEICスコアがあればビジネスレベルの英語力と認識されますが、実際のコミュニケーション能力や柔軟性も重要な要素となります。

ビジネスレベルの英語力の基準は会社ごとに異なるため、求められるレベルを把握するためには業界や企業の研究が重要です。採用要件を確認し、具体的なビジネスで必要な英語力を把握することで、目標を明確にすることができます。

4. ビジネスレベルの英語を身につける方法

business

ビジネスレベルの英語を習得するためには、以下の方法を取り入れて学習を進めましょう。

ビジネスシーンに特化した教材を活用する

ビジネス英語をマスターするためには、ビジネスに特化した教材を使用することが効果的です。ビジネスシーンでよく使用される単語やフレーズを中心に学習できる参考書や動画などがあります。また、ビジネスメールやプレゼンテーションなど、特定のビジネスシーンに特化した教材もあります。英会話教室を利用する場合も、ビジネスに特化したコースを選ぶことで効率的に学習が進められます。

ビジネスシーンで頻繁に使用するフレーズを英訳する

ビジネス英語を効率的に身につけるためには、日常のビジネスシーンでよく使用するフレーズを英訳してみることも有効です。例えば、会議やプレゼンテーションで頻繁に使うフレーズを覚え、応用できるようにすることで、柔軟なコミュニケーションが可能になります。簡単なフレーズから始めることもできます。日常のビジネスシーンで行われる会話を英訳してみることで、ビジネスレベルの英語にステップアップしてみましょう。

ビジネスに精通した外国人と一緒に実践的な学習をする

ビジネス英語を本格的に学習するためには、ビジネスに精通した外国人と一緒に実践的な学習をするのが効果的です。実際のビジネスシーンを想定し、会話をしながら実践的な学習を行いましょう。同僚や友人にビジネス英語の話し相手がいる場合は、協力をお願いしてビジネスシーンを模した会話をしてみましょう。また、Bizmatesのオンライン英会話などを利用すると、ビジネス経験のあるトレーナーやコーチと学習することができます。ビジネスシーンを想定した会話を繰り返すことで、効率的に英語力を向上させることができます。ぜひ積極的に活用してみてください。

これらの方法を実践し、ビジネスレベルの英語を習得しましょう。

5. 効率的にビジネスレベルの英語を習得するコツ

business

ビジネスレベルの英語を効率的に習得するためには、以下のコツを実践しましょう。

5.1 ビジネスシーンに特化した教材を活用する

効率的にビジネス英語を習得するためには、ビジネスシーンに特化した教材を積極的に使用しましょう。ビジネス関連の語彙やフレーズを中心に学ぶことで、より効果的な学習が可能です。さらに、ビジネスメールやプレゼンテーションなど、特定のビジネスシーンに特化した教材も活用することで、実践力も向上させることができます。

5.2 日常のビジネスシーンでフレーズの英訳を練習する

ビジネス英語を効率的に習得するためには、日常のビジネスシーンで使用するフレーズを積極的に英訳し、練習しましょう。ビジネスシーンをイメージしながらフレーズを学ぶことで、実際のビジネスコミュニケーションにおいてスムーズに対応することができます。まずはよく使われるビジネスフレーズから始めてみましょう。

5.3 実践的な学習のためにビジネスに詳しい外国人と学ぶ

実践的な英語力を身につけるためには、ビジネスに詳しい外国人と一緒に学びながら、実際のビジネスシーンを再現した会話の練習が効果的です。ビジネスシーンでよく使われる表現やコミュニケーションのポイントを実際に教えてもらいながら学習を進めましょう。

これらのコツを実践することで、効率的にビジネスレベルの英語を習得できます。自分に合った方法を選び、積極的に学習に取り組むことが重要です。ビジネス英語の習得はキャリアアップにつながるため、ぜひ挑戦してみましょう。

まとめ

本記事では、ビジネスレベルの英語とはどのようなものかについて解説しました。ビジネスレベルの英語は、ビジネスの現場で円滑に業務を行うために必要とされる英語力です。グローバル化が進む現代社会において、ビジネスレベルの英語力は就職や転職、ビジネスチャンスの獲得などで大きな優位性をもたらします。基準としては、CEFR基準のB1レベル以上が求められることが一般的ですが、企業によって異なる場合もあります。ビジネスレベルの英語力を身につけるには、ビジネスに特化した教材の活用、日常のビジネスシーンでのフレーズ英訳の練習、ビジネスに精通した外国人との実践的学習などが効果的です。この機会に、ビジネスレベルの英語力を向上させるための取り組みを始めてみましょう。

タイトルとURLをコピーしました